2月
5

Xcode4.6でアプリの新バージョンをアップロードする手順

Author msota    Category 作業記録     Tags

拙作Swim Noteの新バージョンをアップロードしたので、その手順のメモ。前のバージョンと何も変わっていなかった。

0. 事前準備

  • スクリーンショットを取り終えておく
  • Xcodeでアプリのバージョン番号を設定しておく
  • (当たり前だけど)不要なログ出力等の余計な処理をしないようにする
  • (これも当たり前だけど)使わなくなったファイル等は消しておく

1. iTunes Connectでの作業(目的:新バージョン情報の登録)

  • SafariでiTunes Connectにログイン
  • 右側にあるManage Your Applicationをクリック
  • アップデートしたいアプリをクリック
  • 右下にある青いボタン「Add Version」をクリック
  • 表示された画面で、バージョン番号(このバージョン番号は、Xcodeで設定した番号と同じであること)と、アプリの更新内容を入力する。複数言語をサポートしている場合は全て記入する
  • 入力が完了したら、右下の「Save」をクリック→アプリ情報の画面になる
  • アプリ情報に表示されているメタデータやスクリーンショットを修正する場合は、画面中段の「Metadata and Uploads」のところにある「edit」をクリックする
  • スクリーンショットを入れ替える場合は、表示された画面の削除したいスクリーンショットのところで×ボタンを押して、一旦削除した後に「Choose File」をクリックしてアップロードする。表示する順番はドラッグ&ドロップで入れ替える
  • 修正が完了したら、画面右上の「Ready to Upload Binary」をクリック
  • Export Complianceという画面になり、ラジオボタンが2つ並ぶ。ここに書いてあるようなことをしていなければ「No」を選択し、右下の「Continue」を押す
  • Version Release Controlという画面になる。承認されたら自動リリースするか(上)、自分でリリースするか(下)を選択し、右下の「Save」を押す
  • アプリ情報の画面に戻る。Statusが「Waiting For Upload」になっていることを確認する

2. アプリのアップロード(Xcodeでの作業)

  • iOSデバイスをMacに接続し、Xcodeが正しく認識している状態にする
  • Productメニューから Archive を実行
  • Archiveが終了すると、自動的にOrganizer画面が開き、Archivesリストが表示される
  • リストにて作成したバージョンを選択した状態で右側の「Validate…」ボタンをクリック
  • iTunes Connectのユーザ名、パスワードを聞かれるので入力し「Next」ボタンをクリック
  • 表示されたApplication, Code Signing Identityが正しいことを確認して「Next」ボタンをクリック(検証処理をするため時間がかかる)
  • 検証で問題なければ「No issues were found in “アプリ名”」と表示されるので「Finish」ボタンをクリック→Organizerに戻る
  • そのまま「Distribute…」ボタンをクリック
  • Submit to the iOS App Storeを選択して「Next」ボタンをクリック
  • iTunes Connectのユーザ名、パスワードを聞かれるので入力し「Next」ボタンをクリック
  • 表示されたApplication, Code Signing Identityが正しいことを確認して「Next」ボタンをクリック(アップロードをするため時間がかかる)
  • アップロードで問題なければ「No issues were found in “アプリ名”」と表示されるので「Finish」ボタンをクリック→Organizerに戻る

3. 確認

Appleから「Your app status is Waiting For Review」というメールが来ているはず。iPhoneにiTC Mobileを入れていたらそちらにも。

Post comment